Tenkuu no Utage

Tenkuu no Utage (天空の宴) Banquet of the Sky, is a song featured in Eien Densetsu performed by Beryl, Galaxia, the Dark Kingdom and the Shadow Galactica. Beryl’s part only reappears in Kakyuuouhi Kourin. Japanese 見よ! 気高くも頼もしき あのお姿を わがクインベリル様 空を舞い踊れば 嵐も竜巻きも 頭をたれて 過ぎゆくのみ われら重ねて 固き忠誠を捧げん 「忍び難きを 忍びし甲斐ありて 闇の時代の再来も 間近。」 地球を暗黒に塗りつぶし わたしにふさわしき夫を迎え ダークな閨で ダークな夢を[…]

Read more

Toki Michite Kourin

Toki Michite Kourin (時満ちて 光臨) Arrival When The Time Has Come, is a song featured in Eien Densetsu, its revised edition and Kakyuuouhi Kourin, performed by Princess Kakyuu upon her arrival. Japanese ah….. 嘆きの淵に たたずむわれを 支えつづけた 三つの星よ 差しのべられた その歌声に 答えられずに 香りも送れずに 闇に消された 金もく星に 再び 命 光らせるため 銀河をのがれ 地球を選び 永らえたのも 火球たるべき運命から わかって下さい 隠れた理由を 許して下さい 待たせたことを ああ 今ここに ああ 時満ちて ひとすじに 相見え 心ひとつに ah.a.a.a.a.~….. Romaji ah….. Nageki no fuchi ni tatazumu[…]

Read more

I Miss You

I Miss You, is a duet between Usagi and Seiya in the Eien Densetsu musicals. Usagi laments over missing Mamoru, Seiya laments over her unspoken love. Japanese 何をしてても 胸の奥は あなたのことばかり I Miss You あまえてただけの あの頃 よりも ずっと深い愛が 育ってるのよ 心の中で 祈るだけで 伝える手段がないなんて 愛がさびしさを作ること しらなくちゃ 大人になれないの Don’t leave me alone anymore きみの愛する人の 代わりにはなれないけれど いつでもそばにいて きみを守るよ 愛がくるしさを作ること 知ることで 好きだとわかるのか[…]

Read more

Galaxia Gorgeous

Galaxia Gorgeous (ギャラクシア Gorgeous), is an image song for Sailor Galaxia that appears in Eien Densetsu, Winter 1998, Summer 1998, Summer 2003 and Winter 2004. Japanese Crush Crush Crush & Demolish Crush Crush Crush & Demolish 我に刃向かう 星はことごとく (ことごとく) たたきつぶして 闇に食わせろ (闇に食わせろ) 青く燃えたつ炎の野望 サッファーにかけて 今遂げるべき時 月を崇める (Crush) 愚か者共よ (Demolish) 我が支配下に座して蘇れ (Crush &[…]

Read more

Chibiusa no Hanran

Chibiusa no Hanran (ちびうさの反乱) Chibiusa’s Rebellion is a song performed by Chibiusa Japanese またまた またまた 突然のちびうさよ 帰れと言われても だめよ帰らない 今度という今度は マジギレアタマきた ぜったい本気で 家出してきたんだ あたし お母さんのいない場所じゃなくちゃ 子供は楽しく暮らせない 勉強しろ お返事しろ 歯みがき 手を洗え ガミガミ お母さんの言いなりになる子が いい子ってわけ? あたしそうは思わない お母さんのいない場所の方が 子供は幸せでいられる おなかいっぱい お菓子食べて 夜更かし 朝ねぼう グダグダ 好きなことだけやるって そんなに いけないことなの? あたしそうはおもわない 今度という今度は ミジギレ アタマきた 叱ってばかりのお母さん 大きらい 30世紀には いたくない 帰らない[…]

Read more